縮毛矯正とカラーの関係。

くせ毛のカラー くせ毛の手入れ



くせ毛だから縮毛矯正もしたいし、でもカラーもそろそろしないといけない。


髪の毛の悩みはつきないものですが、なるべく傷みが少なくするにはどうしたらいいのでしょうか!



縮毛矯正とカラーはどっちを先にする?

縮毛矯正




根元のくせ毛も気になるし、黒い部分も出てきている、白髪もチラホラ・・・・!
どっちを優先したらいいのか迷う方も多いと思います。





順番を間違えると、せっかく施術しても効果が半減する事もあります。
どっちを先にしたらいいのでしょうか?




・縮毛矯正を先にするのがベター◎

先に結論を言うと縮毛矯正を先にした方がいいです。



髪の毛の負担を考えると二回に分けて行く方がいいですし、施術の後はかなりデリケートになっているので、出来れば一週間ぐらいあけた方が髪の毛が安定しやすいと言われています。



・縮毛矯正を先にした方がいい理由

縮毛矯正をすると髪の毛が明るく見える事があります。




それはキューティクルが開いてそこから色素が出てしまっているのです。




そうするとせっかく毛先までカラーをしたのに、縮毛矯正をしてしまう事によって、ほとんどカラーをしたのがわからないくらい色落ちしてしまう事もあるのです。



・縮毛矯正とカラーは同時に出来ないのか?

これもよく聞かれる質問なのですが、結論から言うと条件により、出来る場合と出来ない場合があります。




まずは使う薬剤によるという事ですが、強いアルカリを使うと髪の負担が大きいので、適切な薬剤や処理をしないといけません。




求める色も根元のリタッチや今の明るさを少し変えるくらいなら、そんなに負担はないのですが、元の髪色と大きく変えるのは難しくなる場合があります。




これも正直、美容師さんの腕次第になるのですが、個人的には同時施術はオススメしておりません。



縮毛矯正をしているとカラーが綺麗に染まらない

縮毛矯正とカラー


縮毛矯正とカラーをしている方で、ムラになりやすくなる事があります。



なぜこんな事になるのでしょうか?


・縮毛矯正をするとカラー剤が浸透しにくい。

縮毛矯正をすると、髪の内部のタンパク質が熱により少し固まってしまって、カラー剤が浸透しにくくなってしまいます。




このタンパク質が固まるのも全体に均一でもないので、どうしても浸透しやすい部分と浸透しにくい部分ができてしまい、余計にカラーの発色に影響してしまうのです。



・ダメージを受けている髪は染まりにくい。

髪はダメージを受けると、中の成分がでてしまい水分を吸いやすくなってしまいます。




この水分を吸いやすくなった髪はカラー剤がうまく入りにくいと言われています。





傷んだ髪が染まりにくくなる原因の一つなのですが、縮毛矯正やカラーを繰り返した部分がこの状態になりやすくなっています。



まとめ

・やっぱりケアが大事で縮毛矯正でもカラーでも施術をするとダメージはついてきます。



それが後々の施術に影響がでてしまうので、サロンでどれだけダメージを軽減して施術をするのかも大事ですし、お家でのケアもすごく大事になってきます。



髪の毛は一度受けたダメージは完全に治る事はなく、補強をしながら上手に付き合っていかないといけません。



縮毛矯正もカラーもヘアデザインや髪の悩みを解消する大事な方法なので、美容師さんとよく相談して、最善の選択をする事がとても大事になります。




Aliceの髪質改善

hair salon Alice

Aliceのこだわり



Aliceのホームページ

Aliceは特許取得カット『フレンチカットグラン』の認定サロンです。

特許取得フレンチカットグラン

フレンチカットグラン公式ホームページ


ご予約

LINE【公式アカウント】hair salon Alice

LINEでのご質問、商品購入、問い合わせなどを受け付けています。お気軽にお問い合わせください。
下をタップすると友達追加出来ます。
      ↓↓

24時間ネット予約が出来ます。お得なクーポンもあります。


ホットペッパービューティーでネット予約

電話予約




☎06-6383-6060


大阪府吹田市昭和町10-17 1F


hair salon Alice (ヘアーサロンアリス)


コメント