髪の水分量を整えるためのヘアケアのポイント



くせ毛の水分量




今回は、髪の基礎知識について書いていこうと思います。



人間の体内は約60~70%の水分で出来ているのはご存知の方も多いと思います。





では、毛髪の水分量はどれくらいなのかご存知でしょうか?




毛髪の水分量とは?


湿度と髪の水分量の関係




基本的に乾いた状態の髪の水分量は約10%ですが、この水分量は常に一定ではなく季節によっても変化します。


例えば、一番髪の水分量が多い時期は、梅雨や夏の7~8月でその水分量は約15%くらいです。





そして、冬の乾燥した季節では、湿度が低くなると水分量も10%以下に減少します。


そして、毛髪には吸水性があり、健康毛の場合は髪を洗った直後は約30%まで上昇します。



水分量の低下は髪のダメージの原因?



髪の水分量とダメージ毛





髪はダメージをうけると水を吸収しやすくなりますが、水分を保持する力が弱くなり、その結果、水分量が低下して髪が引っ掛かったり、パサつき、ゴワつきなど起こしてしまい、ダメージの進行の原因にもなってしまいます。



髪を水に浸すと徐々に水分を吸収して体積が増加します。




このような現象を膨潤と呼びます。




その膨潤によって、髪の長さは約1~2%伸び、太さは約15%増加します。



傷んだ髪は、水を吸収しやすくなるため、梅雨や夏の湿度の高い時には、せっかくセットしたスタイルが崩れやすくなったり、髪が膨張して広がったり、まとまりにくくなったりして、お悩みの方が多いと思います。


しかし、ちゃんとしたヘアケア方法をすると、髪を適度な水分量に保てるよう改善することができます。



髪の水分量を適度に保つ方法



髪の水分量を保つヘアケア方法




簡単に出来る4つのヘアケア方法をご紹介致します。


1 シャンプー選び



1つ目は、シャンプー剤は洗浄力が強くないものを選んで使うようにしましょう。



洗浄力の強いものは、髪に必要な水分まで奪ってしまい、パサついて乾燥しやすくなってしまいます。



トリートメントで保湿成分や栄養をしっかり与える


2 シャンプーの後はトリートメント!




2つ目は、シャンプー後には必ず、トリートメントで保湿成分や栄養をしっかり与えましょう。



潤いを閉じ込めるようにトリートメントを付けた後、手ぐしや荒歯のコームなどで梳かすと全体に馴染みやすくなります。




そして、手でしっかり揉みこみます。





この揉みこむ作業も疎かにしやすいのですが、しっかり馴染ます為には必要な工程です。


3 濡れている時間は短くする



3つ目は、しっかりタオルドライをして、なるべく早く、時間を置かずにドライヤーで乾かすことがとても大事です。


髪が濡れている時は、キューティクルも開いている状態なので、その状態で時間を置いてしまうと、自然乾燥している間に毛髪内部が乾燥してしまい、水分量も低下していってしまいます。



そして重要なのが、ドライヤー前にアウトバストリートメントをつける事です。



4  乾かす前のアウトバストリートメント



4つ目のポイントとして、ドライヤーで乾かす前に保湿成分の配合されたアウトバストリートメントを付けてから乾かします。



更に潤いもキープされ、ドライヤーの熱によるダメージから髪を守ってくれる効果があります。




まとめ




今回ご紹介したのが、髪の水分コントロールをする方法です。


髪の水分量は艶を出すにもとても重要な事です。


正しい知識を持っていたら、難しい作業ではなく、簡単に毎日出来る事なので、ぜひ習慣化して試してみてください。


湿気や乾燥に負けない美しい髪を手に入れましょう!




Aliceの髪質改善



Aliceのこだわり


Aliceは特許取得カット『フレンチカットグラン』の認定サロンです。

Aliceでフレンチカットグラン



ご予約


24時間ネット予約が出来ます。




ホットペッパービューティーでネット予約


電話予約

☎06-6383-6060



大阪府吹田市昭和町10-17 1F



hair salon Alice (ヘアーサロンアリス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です