縮毛矯正が不自然になった時の2つの改善方法

くせ毛を縮毛矯正 くせ毛の手入れ

くせ毛が気になりストレートにしたくて縮毛矯正をしたけど、不自然なストレートになってしまったという経験をされた事はないでしょうか?

不自然になってしまう理由はいくつかあるのですが、施術の仕方や髪の状態、髪の量や長さなど、色々な条件で、仕上がりが左右される事があります。

もし不自然なストレートになった時に参考にできる方法をお伝えしたいと思います。

縮毛矯正をしたら不自然なストレートになった!!

不自然な縮毛矯正

縮毛矯正の経験のある方から、よくお聞きするのが不自然なくらい真っ直ぐになったとか、毛先がシャキーンとなってしまったなどがあります。

昔はこれが縮毛矯正の特徴でもありましたが、最近は、薬剤の種類が増え、薬剤の反応のさせ方、髪に対する熱処理の考え方などが大きく変わってきて、かなり改善されてきています。

それでも縮毛矯正のマニュアルとしては、まだまだ従来のやり方が一般的な考え方として根付いているので、シャキーンとしたストレートの仕上がりにするお店も中にはあるかもしれません。

後は髪の量や長さによって、ストレート過ぎると馴染みが悪く、全体のバランスが崩れて、不自然に見える事もあります。

でもこういった不自然なストレートになっても改善の方法はあります。

では不自然なストレートになってしまった時のはどういう対処があるか説明していきます。

真っ直ぐになりすぎた時の改善策は?


選択肢としては2択です。

1つ目はまっすぐになりすぎてしまった状態をもう一回薬剤での施術で丸みをつけなおす。

2つ目はストレートアイロンやコテなどを使用し毎日自然な丸みをつけたりウェーブやカールスタイルにしてしまう。

この2つになってきます。

薬剤を使って柔らかい質感に戻す



1つ目の薬剤でもう一度丸みをつけ直すという方法はメリットはシャキーンとした感じが弱まり理想とする自然なストレートになる可能性があります。

しかしリスクとしてはかなり難易度が高く、ダメージが再度蓄積していくことや最悪全く変わらない場合がある可能性があったりします。

むしろ髪の毛の質感が悪くなり見た目は変わらずダメージだけ与えてしまうこともあるので安易にやり直すのではなくしっかりと美容師さんと相談をしながら施術を決めていく必要があります。

あて直しはダメージの量によって最終手段としての方法なので、あて直す以外の方法で考えていくほうがリスクが低いので髪に負担はかかりません。

ダメージが出すぎてしまう場合はアイロンやコテでなんとかする

もう一つはダメージのリスクが少ないパターンです。

まっすぐになってしまった髪の毛をできるだけ毎日のアイロンなどを使ったスタイリングで自然なストレートに形を変えてあげることです。

アイロンのスタイリングは、不自然なストレートを直す場合だけではなく、縮毛矯正をしてる方には有効な事が多いです。

一般的に縮毛矯正をされる方は、癖が強いことが一番の悩みの場合で、できるだけ癖を伸ばしたいという気持ちが強いので、基本的には毛先までしっかりストレートをあてる事がほとんどです。普段お出かけなどをする前のスタイリングの一部としてコテやアイロンでカールやウェーブをつけてあげるというパターンが多いようです

毛先までしっかりあてるのを敬遠される方も多いですが、この方法を知ってるとスタイルの幅が広がります。

よく、しっかり毛先まで真っ直ぐにせず、自然なストレートを目指す方法も聞きますが、結果すぐに癖が戻ったという話も聞いたりします。

せっかく縮毛矯正をして、癖がすぐ戻る事を考えてみると毛先までしっかりあてるのも大切なのかもしれません。

縮毛矯正をする時のポイント

縮毛矯正のポイント

不自然な真っ直ぐな仕上がりにならないようにするためにも縮毛矯正のあて方は気をつける必要があります。

1番はどうしても美容師側の技量に左右される事が多いので、縮毛矯正が得意な美容師さんにお任せするのが1番です。

そして、毛先まで縮毛矯正をする方がいいかの判断は自分が気になったらという点でいいと思いますが、よく美容師と相談して、基本的には毎回毛先までするものではないので、そのあたりの調整は必要になってくるのかもしれません。

毛先はあてないで伸びてきた根元だけをあてる


今までに縮毛矯正をあててきた方は新たに伸びてきた根元が癖があり以前あてた中間から毛先にかけては残っている状態になりますのでリタッチと言われる伸びた部分だけの施術もあります。

一度あてた毛先の縮毛矯正が気にならず、矯正が残っている場合は、根元の縮毛矯正だけを繰り返しが一番ダメージが少ないのですが、根本だからといってあまりストレートを過ぎると、いつか毛先になった時に真っ直ぐす過ぎて・・・なんてこともたまにありますので注意が必要です。

ただそれには時間も当然かかりますし、癖が戻ったら嫌だなと思う事もあるので根元の癖はしっかりと伸ばしてあげた方がストレスが少なくて済むのかもしれません。

まとめ

悩みを治す縮毛矯正ですが、新たな悩みを増やしてしまうと、とても残念です。

縮毛矯正で真っ直ぐになりすぎてしまうという悩みは、特によく聞きますが、真っ直ぐになった時の直し方や日々の扱い方、今後の予防方法などを少しでも、理解をしていると防げたりすることも多いはずです。

今後もくせ毛を綺麗な髪の毛で維持をしていけるように、縮毛矯正を上手に活用して頂きたいと思います。

参考にしてみてください。

Aliceの髪質改善

Hair Salon Alice
【大阪吹田の縮毛矯正専門店】大阪吹田Aliceの髪質改善のこだわりを解説
Aliceは主に縮毛矯正という技術で、くせ毛の髪質改善を得意としているのですが、今回は改めて、どんなお店なのか、ご紹介したいと思います。すくせ毛を扱いやすくする美容室Aliceで一番に考えている事は『くせ毛を扱いやすくする事』です。そして癖
吹田 美容室 縮毛矯正を得意とする髪質改善サロン/hair salon Alice(ヘアーサロン アリス)
大阪府吹田市昭和町のくせ毛カット、縮毛矯...

髪質に合わせてオーダーメイドシャンプーが出来る【MEDULLA メデュラ】¥6800(税込¥7480)→¥2980(税込¥3278)

ヘアカラー後の髪のダメージを防ぐ『ZEROカラーケアフォーム』

ご予約

LINE【公式アカウント】hair salon Alice

LINEでのご質問、商品購入、問い合わせなどを受け付けています。お気軽にお問い合わせください。
下をタップすると友達追加出来ます。
      ↓↓

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: line_add_btn-2.png

24時間ネット予約が出来ます

ホットペッパービューティーでネット予約

ホットペッパービューティーでネット予約


☎06-6383-6060

大阪府吹田市昭和町10-17 1F

hair salon Alice (ヘアーサロンアリス)